居心地の良さを感じ、たけ屋に戻ってきました。
大将の姿勢から、お客さまの目線で、常に自問自答することの大切さを学びました。
「ここのうどんが好きでここで修業したい」そう思えるお店で修行したいと考えていました。
初代パートとしてたけ屋で働いていたことを誇りに思い、今はたけ屋のファンとして食べに行きます。
みんなが家族のような職場で働く事ができて、その安心感に自分の笑顔に気づくことができた。