たけ屋の由来

竹はしなやかで折れにくい。折れたとしても地下茎からまた新たに生えてくる。
そして竹には「節」がある。
「そんな竹のように節目を大事にしながら続けていきたい」という想いから付けたのが
「たけ屋」の名前の由来です。

テイクアウトメニュー

全て税込表示、丼もの用の器は別途55円かかります。

うどん麺 108円
スープ 205円
そば麺 184円
ご飯類
牛めし 385円
牛めし具のみ 270円
いなり(3コ) 194円
味めし(2コ) 194円
おにぎり(2コ) 162円
のり巻(1コ) 162円
種物類(具材)
えび天 227円
227円
山いも 227円
山菜 227円
ごぼう天 140円
丸天 140円
わかめ 119円
昆布 119円
たぬき 65円
きつね 65円
356円
にしん 356円
丼物
天丼 648円
天丼+かけうどんセット 816円
天丼+かけそばセット 867円
カツ丼 648円
カツ丼+かけうどんセット 816円
カツ丼+かけそばセット 867円
他人丼 626円
他人丼+かけうどんセット 788円
他人丼+かけそばセット 842円
玉子丼 464円
玉子丼+かけうどんセット 626円
玉子丼+かけそばセット 680円
天盛 540円
冷たい麺
ざるうどん 528円
ざるそば 562円
冷とろろうどん 702円
冷とろろうどん 778円
おろしうどん 648円
おろしそば 724円

Menu

ふっくら粘り腰のあるうどんと、店内で蕎麦の実を石臼で挽いて作ったそばを提供しております。天ぷらや丼もの、セットメニューも豊富に揃えております。季節限定メニューもあり、年間通して楽しめるメニューを是非ご堪能下さい。

麺打ち職人募集 私たちと一緒に働きませんか?

News

大分豊後高田産のそば粉に変わりました

こんにちは。 すっかり梅雨も明け、毎日もれなく猛暑日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さて、たけ屋では使用するそば粉が久留米産の蕎麦から大分県豊後高田産のそば粉に変わりました。 時期によって、使用する蕎麦の実を変えておりますが、この時期は...

筑後うどんスタンプラリー始まります!

こんにちは。 本日7月5日より【ベトナム向け筑後うどんスタンプラリー】が始まります! 11店舗のうどん店それぞれがオリジナルの創作うどんを提供し、その商品を食べて頂いた方にはスタンプを押し、3店舗制覇の方には粗品のプレゼント、6店舗制覇の方には2200円分の食事...

7月に入りました

こんにちは。 今日から7月で2021年も後半戦へと入りました。 さて、たけ屋は今年8月末から約2か月間かけて店舗の改装をさせていただくこととなりました。 本来は昨年に行う予定だったのですが、コロナの影響で延期となり、結果的に今年行う流れとなりました。 (...

第二回シロクロ推し合戦、開催します!

こんにちは。 本日より、第二回シロクロ推し合戦を開催します! 第一回目ではたくさんのご応募頂きましたが今回も是非また皆さまのご応募をお待ちしております。 「時短」「ズボラ」「手抜き」な簡単なレシピ大歓迎です! 第二回応募締切は8月10日です。 ...

たけ屋の心

中世から近代にかけて活動した日本三大商人の一つである近江商人の思想に着目し、その思想である、三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」の理念を当店では汲んでいる。 心をこめて作った当店の商品をお客様に提供して喜んでいただき、そして当店で働くスタッフが喜び、商品サービスのみならず地域への社会貢献を心がけることで世間さまにも喜んで頂ける、そういうお店であり続けたい、そんな想いを持ちながら日々精進しております。

会社概要を見る
昔ながらの❛シンプルなうどん❜を求めて、日々うどん作りに励んでいます。「80歳まで現役で続ける」それが目標です。
先輩達の声

昔ながらの❛シンプルなうどん❜を求めて、日々うどん作りに励んでいます。「80歳まで現役で続ける」それが目標です。

20代から50代前半まで大阪でアパレル関係の仕事をサラリーマンとして働いていた中園さん。17年ほど前に脱サラしてたけ屋で修行をしたのち、天神近くの赤坂でうどん屋を開業された中園さん。今回はそんな中園さんにお話しを伺いました。 ★あの時、修行先として何故たけ屋を選ばれた...

詳しく読む
居心地の良さを感じ、たけ屋に戻ってきました。
先輩達の声

居心地の良さを感じ、たけ屋に戻ってきました。

以前たけ屋でアルバイトとして数年間働き、一度は他の会社に就職した下野君。そんな彼が三か月前にたけ屋に出戻りしました。 今回は下野君にその理由を含めて、お話を聞きました。 ★たけ屋に戻ってこようと思ったきっかけは何だった?   下野くん:一度たけ屋を離れて、他の会...

詳しく読む